小児アトピー性皮膚炎予防にLGG菌やGLA含有サプリメントが有効

小児アトピー性皮膚炎 LGG菌やGLA含有サプリメント

小児アトピー性皮膚炎予防にLGG菌やGLA含有サプリメントが有効
アトピー性皮膚炎は乳幼児に起こりやすい症状です。

赤ちゃんはまた身体の機能が未熟であり、免疫力も抵抗力も大人のように強くありません。

大気の汚染やダニ、カビ、外気の乾燥などの悪影響から肌を守る力がまだ弱いですし、菌やウイルス、食べ物の刺激にも影響を受けやすいのです。

アトピー性皮膚炎はいつ発症するか分かりません。小児のうちにアトピー性皮膚炎になってしまうと不快感で睡眠不足になってしまったりストレスがたまり、体力が低下して成長を妨げてしまいます。

予防するためにはサプリメントが有効です。

自然の食物で予防できればよいのですが、手に入れにくい成分がありますし、また効率的に体内に摂取するにはサプリメントが最適なのです。

腸内環境を整えるLGG菌と、皮膚の健康を促進するGLAという成分が効果的です。

LGG菌は長く腸内にとどまり、腸内環境を整えます。腸内環境が良くなると体内に入った菌やウイルス、食べ物の刺激から身体を守ることが出来ます。またGLAは皮膚の乾燥を改善して外部からの悪影響を受けにくくすることができるのです。

アトピー性皮膚炎の方にはどんなサプリメントが処方されるの?

アトピー性皮膚炎の治療の現場では、しばしばサプリメントが処方されることがあります。
小児アトピー LGG菌・GLA

これは既に治療法の一つとしてサプリメントが効果があると認められているということです。

では、アトピー性皮膚炎ではどのようなサプリメントが処方されるのでしょうか。

まず抗炎症対策として、OPC(オリゴメトリック・プロアントシアニジン)、甜茶、ビオチン、ビタミンB、ビタミンCなどが処方されます。

これらは全て抗炎症作用があるものですが、それぞれの成分は作用の仕方が違いますので、症状に応じて使われることとなります。

次にアトピー性皮膚炎はアレルギー反応の一つですので、体質改善が治療の要ともなります。

そのためにアレルギー体質の原因となる物質を抑制するαーリノレン酸を豊富に含んだシソやエゴマ、腸内環境を整えて体の免疫機能を向上させる善玉菌サプリなどが用いられます。

このようにアトピー性皮膚炎に効果的なサプリは数多くありますが、効果を上げるためには自己判断で使用を開始するのではなく、きちんと医師の指示の元で使用することが重要です。