動脈硬直が原因で寝たきりになってしまう

動脈硬直は、動脈が硬化したときのことを指します。
動脈硬直にはいくつか系統があり、血管内に隆起ができて無い時間をかけて成長して、血を過ぎ行き辛くしたり、破れて血管内で血が固まったり、動脈の血を流れを防いでしまったりやる産物、退化にて動脈血管に張りがなくなり硬くなる事象やカルシウムが蓄積して骨化することによって進行する系統のものなどがあります。
これによって、脳卒中や脳梗塞、脳出血や脳血栓、くも膜底出血などの脳血管歯止めなどを引き起こし、それが原因で寝たきりになってしまう場合もあるのです。
寝たきりにならないためにも、脳血管歯止めへって繋がる動脈硬直を予防することが大切で、血をサラサラにするクエン酸やDHA、ポリフェノールなどの栄養素を適切な体積でバランスよく摂取し、血圧を上昇させる塩を取り過ぎず、太り過ぎなどの素因を解消するために動作などをクセを盛り込み、圧力を放散し、正しい睡眠で休息をとることが大切です。