にんにくの最ハイクオリティーブランドの福地ホワイト六片

「福地ホワイト六片マテリアル」は、青森県内で生産されているにんにくの種類の一つで、にんにくの最好条件商標として全国的に知名度があ
ります。原産地が青森県内福地村(現南部街路福地エリア)であり、実がスノーのように白いことから、「福地ホワイト」と名付けられました。近頃
から40時世ほど前に、青森県内田子街路で生産が始まり、現在では県南の多くの野原で生産されています。これらの野原は冬の積雪容量が公算少なく、雪解けが手っ取り早い結果、春の太陽光を存分に吸収することができるという理由があり、他の野原によって成長し易く大粒のにんにくができるのです。「福地ホワイト六片マテリアル」の取り得は、実がスノーのように白く、最初粒最初粒がものすごく糖度が大きいということです。生で食べても加熱してもはなはだだし汁がすばらしく、味わいも濃密でコクがあって味わい深く、きめ細やかでポカポカしています。なお、六片マテリアルという名前ではありますが、必ずしも1玉が6片に分かれているわけではなく、1玉水準4〜6片になっています。